化膿ニキビの跡を残さない方法 効果的な薬と正しい膿の出し方

化膿ニキビの跡を残さない方法 効果的な薬と正しい膿の出し方

化膿ニキビができると、なるべく跡にならないように治したい…
と思いますよね?

化膿ニキビは黄ニキビとも呼ばれ、
白い膿を持ったニキビの事です。

触ると痛くだんだん大きくなって行くので、
痛いし見た目も悪いので、治るまでは憂鬱な気分になりますよね。

化膿ニキビは、毛穴周辺に炎症が広がっているので、
ニキビ跡に色素沈着が残りやすい特徴があります。


化膿ニキビは白くになって目立つし、
痛いので気になって、潰したくなりますよね。

また、顔を洗った時にいつのまにか潰れていた・・・。
ということもよくあると思います。

今まで、化膿ニキビができたら、
すぐ潰していたと言う人も多いんじゃないでしょうか。

では、化膿ニキビは潰した方が良いのでしょうか?
それとも放置した方が、治りが早いのでしょうか?

化膿ニキビは潰すべき?放置すべき?


化膿ニキビは潰すべきか、潰さない方が良いのか、
いろんなサイトでも意見が分かれています。

実際、化膿ニキビは、潰した方が早く治る場合と、
潰さない方が良い場合があります。

それは、ニキビの進行具合によって変わってきます。

初期の白ニキビの段階であれば、
潰す方が早く治る場合が多いです。

というのも、白ニキビは、
化膿による膿によって白くなっているわけじゃなく、
硬くくなった角質などが、ニキビの芯となって白くなっているだけです。

この白い芯の部分を取ってしまえば、 
自然に傷跡も塞がって、綺麗に治る場合が多いのです。 

この初期段階のニキビであれば、
潰してしまった方が早く治ります。

一方、潰すと跡になるリスクが高くなってくるのは、
化膿ニキビの状態です。

化膿ニキビは、アクネ菌と白血球が戦った後にできた、
膿が溜まったニキビです。

この状態までニキビが進んでしまうと、
毛穴の根元にニキビの元となる袋状の組織ができます。

この袋に強い力で刺激を与えて傷つけてしまうと、
袋が裂けて、またニキビができやすくなってしまうのです。

そのため、化膿ニキビを潰す時には、
細心の注意を払う必要があります。

毛穴の根元だけでなく、化膿ニキビは全体的に炎症を帯びているので、
少しの刺激で炎症が広がったり血が出たりすることがあります。

膿は早く出した方が良いのですが、
毛穴を傷つけるとますます治りが悪くなってしまうため、
膿の取り出しは、慎重に行わなければなりません。
特に男でニキビ跡が酷い方は気を付けてください。

肌質をしっかり変えていかないと悪化するだけで
本当にどうすればいいのか分からなくなりますよ!
 

正しい膿の出し方


ニキビ跡にならないように膿を出すには、
まず傷口を小さくすることが大事です。

指で潰すと、ニキビの表面が裂けて、
傷口が広くなってしまいます。

そのため傷口から雑菌が入りやすくなり、
炎症がひどくなることがあります。

また、傷口が広いと、それだけ塞がるのに時間もかかります。

ニキビ跡を潰す時は、消毒した針など
清潔で先の細いもので、化膿ニキビの表面を刺しましょう。

そのとき、指や爪で強い刺激を与えて
膿を押し出すのはやめましょう。

コメドプッシャーを使い、
ニキビに軽く押し付ける様にして膿を優しく出します。

この時に膿を出しすぎないようにしましょう。

毛穴の根元にある袋状の組織を、潰してしまうほど膿を出すと、
余計にニキビが悪化してしまいます。

毛穴の奥を傷つけない程度に膿を取り出しましょう。

膿を取り出した後は、消毒液をつけずに
軟膏など薬を塗っておくのがよいでしょう。

と言うのも、消毒液はニキビを刺激してしまう可能性があるからです。

それよりは、膿が出た後を清潔なコットンで軽く拭いて
そのまま薬をつけるのがおすすめです。

薬でなくても、ワセリンなどでも構いません。

なるべくニキビが乾燥しないようにしておく方が、
早く治ります。

そのためには、キズパワーパッドなど使うほうが
傷口が綺麗に治ります。

あるいいは、注射跡を保護するための
シールのようなものでも良いでしょう。

蓋をしておく事で、保護にもなりますし湿潤治療にもなります。

膿を出すのはいろいろと注意しないといけないことも多いので、
いっそのこと放置しておいた方が良いのでは?と思うかもしれませんね。

でも放置してしまうと、溜まった膿の行き場がなくなって、
炎症が起こっている場所が拡大し、
別の毛穴まで広がってしまうことになりかねません。

皮膚科などに行っても、化膿ニキビの膿は
取り出して処置することが多いです。

膿を放置して自然に枯れた様になっていくこともありますが、
勝手に潰れてしまうか、さらにひどくなることも多いです。

勝手に潰れて余計にひどくなるくらいならば、
正しい方法で膿を取り出した方が、ニキビ跡になりにくいです。
 

化膿ニキビに効果的な薬

【市販薬】


化膿ニキビを潰した場合、潰さない場合、
いずれにしても、治療には軟膏を塗るのが効果的です。

市販薬では 次のような薬が良いでしょう。

テラ・コートリル


抗菌薬成分や抗炎症成分が優れているので、
赤ニキビの原因のアクネ菌が増えるのを防ぎます。

ステロイドを含んでいるので効果が高いですが、
常用するのは避けましょう。

この薬には「オキシテトラサイクリン硫酸塩」と言う抗菌薬成分が含まれており、
これは皮膚科などで処方される、内服液のミノマイシンと近い成分になります。
 

ピンプリット


化粧品メーカーである資生堂のニキビ薬です。

ビタミンC入りのピンプリットにきび治療薬Cと、
ピンプリットNの2種類があります。

化粧品メーカーと言うこともあってか、
ビタミンCが配合されているのが特徴です。

ビタミンCは色素沈着を抑える働きがあるので、
ニキビ跡のためにもビタミンC入りの方がおすすめです。 

抗菌成分としては、イオウやグリチルリチン酸、
レゾルシンなどの成分が含まれています。
 

ペアアクネクリーム


アゴやフェイスライン中心の大人ニキビに効果的なのが、
ペアアクネクリームです。

有効成分のイソプロピルメチルフェノールと、
イブプロフェンピコノールが強い殺菌効果を持っています。

ステロイドは含まれていないので、副作用もなく
無臭で刺激もないのでマイルドな効き目です。

ニキビ薬独特のニオイが気になる方にとっても
良い薬といえるでしょう。

 

皮膚科で処方される薬

ベピオゲル


主成分の過酸化ベンゾイルは、アクネ菌やブドウ球菌
などの殺菌効果が高いのが特徴です。

また、ピーリング作用もあるので、
古い角質が取れて毛穴が詰まりにくくなります。

ベピオゲルの良いところは、耐性菌が生じないので、
長期間使っても大丈夫であると言うことです。

抗生物質は長期間使うと皮膚に耐性がついてしまって、
効果がなでなくなってくるのですが、
ベピオゲルはその心配がありません。

ただ、かゆい、刺激を感じる、皮膚が剥がれるなどの
副作用が起こる可能性はあるので、注意が必要でしょう。
 

ダラシンTゲル


アクネ菌やブドウ球菌を殺菌する薬として、
以前から人気があるのがダラシンTゲルです。

抗生物質ですが、まれに耐性菌を持っている人には
効かない場合があるようです。

また、抗生物質なので長期に使うのはよくありません。

塗る場合も塗り広げず、患部だけに塗るようにしましょう。

 

化膿ニキビにならないようにする方法


ニキビが化膿するほど悪化しないようにするには、
生活習慣を変えたり、スキンケアを変えていくようにしましょう。

食事や睡眠は毎日のことなので、乱れてくると
お肌の状態にすぐに影響が出やすいところです。

バランスの取れた食事や、十分な睡眠を取ることなど
身体の中からもニキビができにくい生活を心がけましょう。

また、顔に直接触れる洗顔料や化粧水なども
普段からニキビに効果的なものを使用するようにしてみましょう。

生活習慣を変えて起こる変化は、少し時間がかかります。

それに今までの生活を変えるのは、仕事や家事の関係で
すぐには難しいこともあると思います。

そのためにも、まずは外側で出来ることから始めましょう。

洗顔料の洗い残しや、保湿不足に注意して、
ニキビに効果的な洗顔料や基礎化粧品を使うようにしましょう^^