化膿ニキビの跡を残さない方法 効果的な薬と正しい膿の出し方

黄ニキビの芯の出し方 正しい対処なら跡になるのを防げます

2017年09月14日 15時23分

黄ニキビにできた膿の芯を出すべきかどうか悩んでいませんか?

黄ニキビは潰すと膿が大量に出てきて痛いですし、
血も混ざることがあります。

潰さない方が早く治ると言う話もありますし、
皮膚科のお医者さんや医療関係者でも意見は様々あるようです。

ニキビを潰す事に悩むのは、ニキビ跡になって
余計に肌が汚く見えるとイヤからですよね。

少しでも跡になりたくはないし、
膿が溜まって痛い状態も早く治したいものです・・・

膿がかさぶたになって皮膚から少し出てきている状態なら、
潰すのに最適なタイミングであると言えるでしょう

かさぶたまでになってなくても、
皮膚の外に膿が出かかっている状態なら、
膿を潰しても治りが早いかもしれません。

ニキビの状態によって、芯を出したほうが良いときと
出さないほうが良い時があります。

黄ニキビの芯と膿の違いとは?


黄ニキビには膿の部分と芯の部分がありますが、
どの様な違いがあるのでしょうか?

ニキビの芯は白い皮膚汚れの塊で、液体状になった膿とは違います。

黄ニキビになると、芯の部分も膿の塊になって行きます。

白い芯だけが取り出せる白ニキビの状態なら、
芯を取り除けば早く良くなることもありますが、
黄ニキビの膿が芯になったものは、
自分で出すとニキビ跡になる危険があります

膿の状態になった芯を自己流で出してしまうと、
雑菌が入り込んだりして、またニキビが新たに出来たり、
治ったとしてもニキビ跡になったりしがちです。

黄ニキビの芯は正しい方法で出すことが大切です。

黄ニキビの芯の出し方


黄ニキビの芯を出すにはいくつか注意があります。

にきびの中の膿を全て出すこと


黄ニキビを潰すと最初に膿が出ますが、
その奥に白い芯が残ってしまうことはありませんか?

膿を出し切るべきですが、膿を出し切るには、
毛穴の根元にある白い芯も出し切らないといけません。

これが自分でやると、綺麗に出せたようでも、
出し切れていないことが多いのです。

黄ニキビに刺激を与えないこと


毛穴の奥に残った白い芯を出そうとしてつまんだり、
器具を使って押したりすることで刺激を与えてしまいがちです。

膿を綺麗に出さないとと思うあまり、
指や爪で強い刺激を与えてしまうと
肌に負担をかけて赤みとなり、ニキビ跡になってしまうのです。

ニキビの芯を出すには、極力小さな傷口で、
刺激を与えず完全に取り切る必要があります。

雑菌が入らないように消毒もしないといけないことを考えると、
自己流で取るよりも皮膚科で取ってもらうのが一番良いでしょう。

病院だと膿をとってもらうだけでなく、
抗生物質を処方してもらえるので殺菌もしっかりできます。

黄ニキビの芯は自分で取るより、皮膚科で取ってもらうのがベストですね。